準備は大事!パートナーもご一緒に

ご存知ない方も多くいらっしゃるのですが、
実は不妊の原因の半分は男性側にもあります。

女性が一生懸命にお身体の調子を良くして、
授かるチカラを高めようと、お一人でご来院されるケースが多くあります。
もちろん、健康にご出産を迎えるまで、
女性側は卵子の状態やお身体の状態を健康で出産しやすい体質に維持することはとても重要です。

でも、それだけではありません。

受精時には男性側の精子の状態も大きな関係があるのです。
現在、男性不妊の患者数は推定86万人といわれ、
これは同年代の糖尿病患者数より多いとされています。
また、男性不妊の精子に関わる原因の9割が、精子を作り出すことが出来ない「造精機能障害」といわれております。
これには先天的なもののほか、昨今ではストレスによる影響が増加していると考えられています。
このため、妊活では精子の質を変えることも大変重要とされています。
妊活成功には男性の体質改善も大きな課題になることあるのです。
男性不妊の状態かを調べるために「精液検査」をすることも、
正しい知識とアプローチのために大変重要ですので、お勧めをしております。

しかし、精液検査で「運動率・精子の数」が基準に入っているからといって、
妊娠できる数値とは必ずしも限りません
卵子と同じく、精子の老化という問題が出てきますので
直進している精子でも、DNAの断片化が起こっている場合もございます。
詳細につきましては、男性のカウンセリングの際にお話いたします。

当院では、男性不妊向けの鍼灸鍼をご提供しておりますので、
是非一度お二人でカウンセリングにいらっしゃってくださいね。
新しい発見や、これからの行動の指針になることでしょう。

いかがでしょうか、不妊の原因が半々であることに少し驚かれましたか?
意外に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

多様化する社会で様々な夫婦生活があり、
ストレスなど精神的な面も妊活には影響してきます。

こんな時代だからこそ、
夫婦ともに寄り添い、
支え合いながら向き合うことがとても大切です。

女性陣はどうか1人で悩まずにパートナーにも協力していただきましょう。
男性陣も自分ごとと捉え、検査や治療に積極的に参加されることをお勧めいたします。


東京アンジュ治療院
川崎有香

About the author: 川崎有香