⑩妊娠とは夫婦お二人の事・・2 

今ある細胞は変えられませんが、その細胞の中でもちゃんと妊娠に至ってくれる卵子があるのであれば一定期間身体を整えてあげたなか 排卵まで大事に育ててあげたなら質の良い卵子ができるのではないでしょうか。女性側の卵巣を「倉庫」に例えるのに対し、男性側は「工場」に例えられます。【注1:女性は卵巣において卵祖細胞を200万個保持して生まれてきてそれが減少していって閉経を迎えます。男性の場合 精細管内で精子は作られます。精祖細胞が成熟精子に発育するのに要する約64~74日とされます。精子形成には通常の体温より低い温度が適切で、人の精巣は32℃であり精巣は陰嚢内に降下して体表に存在することで熱交換するようになっています。精索静脈瘤による造精機能の障害は精巣の温度が原因の一つであると考えられます。】ですので、造精する64~74日までの体の状態を良くしてあげれば質の良い精子ができるのではないかと考えます。蔵精されても、貯めておくと精子は老化しますので、なるべく1日おきに出しておくのがよいでしょう。【注1】図説よくわかる臨床不妊症額一般不妊治療編3版1刷

アンジュのポリシー②

未妊時、妊娠初期、妊娠中期後期と分けて 治療サポートを行います。◎未妊時(着床まで)・・骨盤内の血流をよくする事で、質の良い卵子・精子の生成、着床しやすい子宮を準備する。◎妊娠初期(着床から15週まで)・・胎盤に血液→栄養をおくり、流産も防止◎妊娠中期・後期(16週から出産前まで)・・●妊娠後の鉄分不足も懸念されるので、胃腸を整えるお腹が大きくなる、股関節などを緩めるホルモンなどで腰痛緩和など。妊娠高血圧、足のむくみなど腎機能の低下に有効マタニティブルー(精神的なうつ状態)の予防不妊治療から当院にお通いの患者様に限って、逆子治療もいたしますので妊娠28週以降に逆子と診断された患者様はお申し付け下さい。

大丈夫。それも丸ごと好きだから。

身体の機能が複雑に関わり合っているのは どの生物にも言えることでしょう。人間の脳は常に体の状態を感知していて 刺激で興奮し意識に知らせる神経細胞から 直接信号を受け取ることもあります。そして身体の中で何が起こっているのか感知する方法に ホルモンがあります。ホルモンは血液に混ざってある器官からある器官まで移動して 到着した器官の活動を変える目的を持った内分泌物質を言います。それらが個々で伝達者として働いて、 目的の器官に到着して働き その作用が身体の他の場所にも影響を与えます。女性の気持ちのバイオリズムは性格以外にホルモンと 関係しているといわれます。 卵巣機能が低下すると女性ホルモンが少なくなり 色々な情志の変化があったりします。自分自身でもイライラしたり落ち込んだりで 自己嫌悪になったりしてしまいます。 周りの人もそれを理解してくれたら嬉しいですね♪

東京アンジュのポリシー①

着床だけではなく 母子ともに健康な出産を迎えることをゴールとします。※そのためには、男性精子と女性卵子の状態を良くする必要があります。 採卵できて、受精し分割してくれて、ホルモンの状態も良くて移植できて、そして着床してくれたらどれだけ嬉しいでしょう。本当に大きな難関です。さらにその後の妊娠継続も絶対とは言えず、悲しくも流産してしまう。不育症や着床障害の原因の多くが、遺伝的なもの・子宮内の環境だと言われています。流産後、遺伝的な原因は病院で流産物の染色体検査等をされます。子宮内の環境は身体も心も共に影響があり、骨盤内(子宮内)の血流、栄養状態さらに精子が関わるもの(卵や胎児)を異物としてとらえてしまう免疫状態もあると聞きます。でもその他にたくさんの検査項目があって、まだまだわからないことも沢山あるでしょう。これらの検査項目も特には異常はないし、夫側にも問題ないと言われた患者様はどうすればいいかわからなくなります。  でもその中でも出来ることはあるはずです。東京アンジュは、鍼でご夫婦共に時間をかけてしっかりと体の状態を上げ子宮環境を整えますし、そこで採卵・採精できた卵と精子だったら、多くは受精して分割して着床して流産せず出産までいけるのではないかと考えています。 着床した時は嬉しいです。流産の可能性を考えると喜べないというのは正直ありますし、再度患者様にご説明します。期待を持ってはいけない、ご本人も・周りも期待してそれを裏切るような結果になるかもしれないという患者様の不安な気持ちもあります。鍼灸師として本音をいうと、とても嬉しいんです。だって着床がなければ始まらないから。採卵・受精・分割・移植が出来た時からずっと、その節目ごとに患者様とともに嬉しい。だからこそ、どの場面でも悲しい思いはしてほしくない。ご家族ともに、不妊治療に携わる全方面の方々なら皆そうだと思います。「着床だけではなく妊娠継続、出産まで」が 東京アンジュのポリシーです。

まずはご相談ください