おいしい妊活

普段の食事でも妊活出来たらいいですよね。
焦ってしまって毎日同じものを沢山摂取して偏ってしまってはいけません。
そんなに気張らなくても 自分らしく、手を抜くときは手を抜いて
今日はできたもん!くらいの感覚でまいりましょう。

そうはいっても、アンジュの患者様は
皆さんしっかりとなさっているだけあって
このレシピどうですか?伺うと「やってるやってる!」
そして「このやり方はこうするともっといいよ~」って
アドバイスいただいたり。流石です。ありがとうございます。
ここにお書きするのは ほんの一部ですし
いつものように私に教えてくださいね。今後ブログに書き足します。

「これとこれを組み合わせたらもっと吸収がいい」となれば
置いてあるサプリも組み合わせて、もっと元気な日常を送れる
きっかけになればと常々思っていますので
まずは 摂ると良い食材を並べてみました。

妊活にいいってことは、この先の身体にもいい。
朝ごはんは抜かず、外食を減らし、身体を温める食材を取り入れましょう。

【男性編】
精子の質の改善・・元気な精子を造るミネラル「亜鉛」!!
男性ホルモン「テストステロン」の生成に必要な亜鉛。

・牡蠣
・豚肉(レバー)
・干ししいたけ
・煮干し       ・・・etc

魚介類多し。
男性の前立腺・精子に亜鉛が多く存在します。
抗酸化作用があり、免疫力向上にも一役かいます。
良質のタンパク質と亜鉛を摂取して新陳代謝を活性化します。

一緒に加えたい栄養素は**ビタミンC**です。
レモンなど柑橘類を添えるといいでしょう。

ではでは次 【女性編】
おなじみ「葉酸」!!
これは うちにお通いの患者様はほとんどが来院前からサプリなどを摂取しておられる。
葉っぱの酸とかくくらいですから、青菜やブロッコ・リー、大豆などに含まれ
胎児の成長に関わる大切な栄養素です。

・ほうれん草
・ブロッコ・リー
・モロヘイヤ
・大豆製品  ・・・etc

食事だけですと足りないらしいので、サプリメントも併用するといいですね。
足したい成分は**鉄****魚油****ビタミンB群***です。

【男性も女性もよいでしょう】
とかく35歳過ぎてからの体内の抗酸化物質は分泌が減ってきます。
だからといって これだ!!というオールマイティな成分があるわけではなく
沢山成分的に数があるので、ここもバランスを考えて 御本人で「これだ」という
食材でいどんでください。
抗酸化作用のあるとされる食材です。

・魚介類 はまち アジ さば
・野菜 トマト ブロッコリ にら モロヘイヤ
・果実 アボカド マンゴー
・ナッツ類  アーモンド くるみ ピーナッツ
・良質の油 あまに油 オリーブオイル ひまわり油

魚を夫婦ともに沢山食卓にのぼるお家は、妊娠する確率が高いそうです。
スナック菓子などの代わりにナッツはオススメ。
身体を温める食材は****生姜******です。
少しあたためて摂取するとより暖かくしてくれるすごい食材です。

あと山芋や大蒜もいいですね。

About the author: 川崎有香