セルフ舌診

舌を見ると体調が分かります。口の中は体質や健康状態など色々な情報が集まっています。 東洋医学では気血水で体調を図るのですが、口内にはこの気血水が揃っていて血は血流の状態を表し、色や静脈の状態が見れますし、水は水分量すなわち唾液の量や下の潤いがわかり、 下の色、形、コケによってあらわれてきます。 ですので舌を観察するということは客観的に自分の体調が知れるともいえます。 色が濃いのか薄いのか、形が大きいか小さいか、コケが厚いか薄いか黄色いか黒いか、潤っているのか、舌の後ろはどんな色なのか。 理想の舌はというと形は薄くも厚くもなく歯の内側にきれいに収まっていて淡いピンク色をしており、薄く白いコケが付いている状態。 でも歳を重ねて、個々の生活習慣が経ることにより、徐々に色や形が変わり体調に変化が見えてきます。 ●「歯型出てます ギザギザタイプ」 舌が膨れ、周りがギザギザ 冷え性や疲れやすい人 舌は全体に白っぽく、舌が水分で膨れているため、舌の縁が歯に当たりギザギザしている。 体の水分が多い人で、冷えやすいのが特徴です。しかし、このタイプの人の冷えは、ドロドロ血流タイプの冷えとは違い、水分過多による全身的な冷えです。このタイプの人は、気圧に影響されるため、台風シーズンに体調を崩しやすいです。  家の中にいるとすぐに横になりたがったり、疲れやすかったりするのも特徴的。 気を補い、代謝を上げる穀物や豆類をとってみてはいかが。消化がよく温かい食べ物で胃腸をいたわることが大事です。温スープや温野菜にチャレンジしてみましょう。 ●「黄色いコケ 湿化タイプ」 黄色いコケが舌についている 胃と肝臓が弱くて硫黄のような口臭があるかも。  口の中は粘着質で、唾液が粘りやすく、黄色いコケが舌についています。ゲップが出たり、鼻炎や関節炎になりやすく、粘り気のある鼻水が出るなど、全身的にどこか「粘り」がある感じ。胃と肝臓が弱。 ストレスや緊張状態が続いたりすると交感神経が優位になり、痰が出やすくなります。喉のつかえも感じられるかもしれません。原因はストレスだと考えられます。本来、体液はサラサラと流れているものですが、長時間のストレス下で体が少しずつ燃焼し続けた状態となり、水分が奪われて体液に粘りが出てきて、鼻や喉や関節など、体のさまざまな所にたまりやすくなります」  また、もともと体に“湿”をためや

まずはご相談ください